元自衛官の投資戦略ブログ

元自衛官が日々投資について勉強していくブログです。
当初はFXのみでいこうかと思っていたのですが勉強を始めると色々と興味が湧き最近はETFや投資信託について勉強しています。
今後はeasylanguageについても勉強し様々な分野の投資について紹介していく予定です。

ETF銘柄比較第4弾おまけ

こんにちは
昨日バイナリーオプションをやったのですが一瞬で1万円を溶かしました。
数分後の相場を予想するのは難しいです。
ギャンブルとしか言いようがありませんw
やはりコツコツとしっかり貯まる投資が良いですね。


今日ですが、昨日のSPDR® SSGA グローバル・アロケーション ETF (GAL US)の運用実績を見ていると、あれ?こっちのETFの方が成績いいぞ。と思い、
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス (ACWI)を紹介しようと思います。
 
こちらは、世界の株式市場の動きを表す株価指数です。
ん?指数という事はETFではない?
てっきり勘違いしていました。
しっかりファンドの概要を読まないといけませんね。
こちらですが、
低コストETFで人気の三井住友・DC全海外株式インデックスファンドのベンチマークとして採用されているとのことです。
ちなみにベンチマークとは調べたところ基準という意味でした。
ファンドの基準になっているとはすごいですね。
ん。。。
スパイダーのベンチマークにもなっているのですね。
ACWI IMI指数に連動させているETFだったのですね。
色々と謎が解けました。
ACWI IMI指数は様々なファンドのベンチマークとなっているようなのでこのまま紹介を続けます。
先ほども株価指数という説明をしましたがさらに詳しく説明すると、
モルガン スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が算出している全世界の株式市場の動向を表す株価指数で,
アメリカやヨーロッパ、日本などの先進国だけでなく、中国やインドなどの新興国を含む45カ国以上の株式、約2,500銘柄から構成されている時価総額加重平均型の株価指数です。
規模がでかいですね。



今日は少し中途半端ですが明日の記事と2回に分けて紹介します。
それではまた明日