元自衛官の投資戦略ブログ

元自衛官が日々投資について勉強していくブログです。
当初はFXのみでいこうかと思っていたのですが勉強を始めると色々と興味が湧き最近はETFや投資信託について勉強しています。
今後はeasylanguageについても勉強し様々な分野の投資について紹介していく予定です。

オプション取引の指標

こんにちは
最近洗濯物の部屋干しが続き生乾き臭に悩まされております。
この間テレビにて洗濯物は5時間以内に乾かさないと生乾きの匂いがすると、
意外と5時間はあっという間です。
扇風機があれば良いんですけどね、
電気代も節約できますし、とりあえずアマゾンですかね。


さて、
今日は指標についてですが、
オプション取引について調べていたら聞きなれないワードが出てきたので紹介します。
δやγ、θ。。。読めますか?
後程解説しますが、これらはオプション価格の変化を計算するための指標になっています。
オプション指標と呼ばれており別名ギリシャ指標といいます。


よく聞くのが、
デルタ(δ) 原資産の価格変動に対する、オプション価格の変動率
ガンマ(γ) 原資産の価格変動に対する、デルタの変動率
ベガ(Κ インプライド・ボラティリティの変動に対する、オプション価格の感応度
セータ(θ) タイム・ディケイ(時間の経過)によって1日ごとに失われるオプション価格
これらはオプション取引をする際重要な指標ですので覚えておいてください。
補足で、
インプライド・ボラティリティとは、将来の変動率を予測したもので、予想変動率ともいいます。
オプション取引をする際はまずこのトレンドに注目します。


ただのヘッジのみでやろうとすると難しそうですね。
しかし調べていて入口は理解できた気がします。


今日マネックス証券のオプション口座申請したので届いたらさらに理解できそうです。


今日はこの辺で